砂壁の塗り方

築年数が古い住宅では、和室や玄関、階段などに砂壁が使われている場合が多く見受けられます。
劣化した砂壁を補修するには一度すべて剥がさないといけないと思われがちですが、「ボロボロと崩れてくる砂を固めてから塗装する」という方法があります。この方法であればDIYでも十分劣化した砂壁をきれいに蘇らせることができます。
このページでは初めての方にもわかりやすく、砂壁の塗り方をご紹介します。

砂壁の塗り方

用意するもの

  • タカラ塗料オリジナルカラー 内部用水性塗料
  • 含浸シーラー
  • 塗料を小分けする容器
  • 刷毛
  • ローラー(中長毛7インチ) 2本(含浸シーラー用と水性塗料用を用意する)
  • マスキングテープ
  • マスカー
  • シート類
  • 使い捨て手袋

  • 塗料の必要量の求め方については「塗れる面積」をご覧ください。

    ふすまを塗る手順

    1. 塗装前に行うこと
    2. 塗装中に行うこと
    3. 塗装後に行うこと

    塗装前に行うこと

    下準備<コーキング>
    コーキング
    柱との隙間がある場合はコーキング剤で埋めます。隙間に沿ってコーキング剤を出した後、指やヘラで平らになるように伸ばします。コーキング剤は「塗装ができる」と明記してあるものを使用してください。
    下準備<掃除>
    掃除
    砂壁についたホコリを雑巾やハタキを使って落とします。
     
    マスキングテープで養生
    マステ
    塗らない部分にマスキングテープを貼って保護します。この作業を「養生(ようじょう)」といいます。コンセントなどの細かい部分も塗料が付かないように養生します。
     
    マスカーで養生
    マスカー
    床や窓、ドアなどの広い範囲は布テープとビニールが一緒になった「マスカー」を使うと便利です。マスカーはマスキングテープの上から貼り、ビニールを広げて塗らない場所を覆います。
    含浸シーラーを下塗りする
    シーラー
    砂壁を固める効果のある含浸シーラーを下塗りします。よくかき混ぜ別容器に移し、垂れないように少しずつ塗り広げます。塗り残しがないようにしっかり塗りましょう。塗装後、一晩乾かします。
    含浸シーラーはこちら >>
     

    塗装中に行うこと

    塗料の準備
    塗料の準備
    フタが閉まっていることを確認し、容器を振って塗料をかき混ぜます。
    缶を開けるときは、ヘラやマイナスドライバーなどを使い、缶を回しながら少しずつフタをこじ開けます。 ポリ容器を開けるときは、フタのフチの部分を全てめくり上げて開けます。
    フタが開いたら中の塗料をよくかき混ぜ、塗りやすいように別容器に移します。
    少し塗ってみて塗りにくい場合は塗料に対して5〜10%の水で薄めます。
    1回目の塗装 細かい部分を刷毛で塗る
    刷毛
    刷毛を使って壁の隅やコンセントの周りなど、ローラーでは塗りづらい細かい部分を先に塗っておきます。
    広い部分をローラーで塗る
    一回目
    広い面はローラーで塗ります。
    1回目の塗装ではムラを気にせずうすく塗り広げていき、全体が塗れたら乾かします。 乾燥の目安は手で触っても塗料がつかなくなる程度です。
    家具や床などに塗料がついてしまった場合は、すぐに水で濡らした布などでふきとります。
    2回目の塗装
    二回目
    1回目の塗装のうすい部分やムラになっている部分を中心に、ていねいに塗り重ねます。
    特に白っぽい色や黄色、赤などは透けやすいので2回塗りでもムラが残る場合があります。その場合は2回以上塗り重ねます。

    塗装後に行うこと

    養生を剥がす
    養生を剥がす
    塗料が半乾きのうちにマスキングテープを剥がします。剥がしづらい時はカッターで切り目を入れるときれいに剥がせます。
    塗り残しなどがあれば小筆を使って修正し、しっかりと乾燥させます。
    完成
    砂壁の塗り替え完成
    シミや汚れが目立って古めかしい印象だった和室が、砂壁を塗り替えるだけでスタイリッシュな空間に変わりました。
    使用色:タカラ塗料オリジナルカラー フレンチグレー

    ▼新色誕生・インテリアになじむ美しい色「タカラ塗料オリジナルカラー 内部用水性塗料」はこちら▼


    タカラ塗料では、築古物件をペンキで再生させる「ペイントリノベーション」に取り組んでいます。
    ブログでその様子をまとめていますのでぜひご覧ください。
    劣化した砂壁がペンキを塗るだけできれいになった事例も多数掲載しています。
    ▼ブログはこちら▼


    ■塗装の成功をお助けする「便利で使いやすい塗装道具」はこちら
    ■後片付け等については「塗り方の基本」をご覧ください。
配送料金全国一律820円(離島・一部地域を除く)
タカラ塗料ロゴ

株式会社タカラ塗料

〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
06-6659-2321(平日9〜17時)

タカラ塗料ホームページ ≫

関連サイト

調色屋 ≫
ラッカースプレー館 ≫
刷毛塗り全塗装 ≫
How to paint ≫
フォトデザインボード ≫