水回りやテーブル天板にコテDIYで施工できるマイクロセメント モルクラフト

型番 Morcraft
販売価格

32,910円 〜

購入数
塗りたい面積
内容



マイクロセメント「モルクラフト」は、こんな方におすすめ
コテを使ったDIYができる商品です

・キッチン、洗面所など水回り部分をモルタル調にしたい方
・一枚板のような天板などの建具は、重量面で諦めていた方
・施工単価や材料費が高いモルタル調の施工を諦めていた方
・特殊な道具や難しい専門知識がなく自作での施工を諦めていた方


コテDIYで実現

水回りにも対応できる

うすくて丈夫なマイクロセメントの左官材

コテを使ってDIYで味わいのあるモルタル調の施工ができるマイクロセメント「モルクラフト」。

マイクロセメントとは、樹脂と細かな石や砂を混ぜ合わせたモルタル系の左官材のこと。 天然材料を基調とする漆喰とは異なり、樹脂を含んでいるのでうすく塗ってもひびが入り難く、カーブなどの曲線にも追従して施工できる点が注目されています。
また、表面をウレタン樹脂でコーティングしているので、水回りでの使用が可能なのが大きな特徴。
塗料を使ってのDIYペイントでは難しいと言われる常に水の掛かるようなキッチンカウンターや洗面台などの水回りやテーブル天板などにおすすめです。
同じようにマイクロセメントの左官材では、ベルギー製の「モールテックス」の名前をご存じの方もいらっしゃると思います。海外、特にヨーロッパでは意匠面・機能性において、このような左官材が広く使用され種類も豊富にあります。

マイクロセメント「モルクラフト」は硬くて丈夫、水回りに施工可能な左官材です。
お手入れなどメンテナンス性も抜群。施工に使用する材料や工程はシンプルで、工期も短いのが特徴。
熟練の職人のような技術や特殊な専門工具がなくても手順さえ丁寧に守れば、初心者でも満足のいく仕上がりになります。
ひんやりとした手触りで一枚岩のような重厚感と迫力はコテDIYならでは。
じっくり手間をかけて自分だけの愛着のあるインテリア作りをお楽しみください。

テーブル天板やキッチンカウンターに

木部に施工できるから軽いのに重厚な表現が可能

カラーはタカラ塗料オリジナル色。「コンクリートエフェクトペイント シャドウ」に合わせていますので、コンクリートエフェクトペイントで塗装した壁や床とのトータルの相性もバツグンです。

マイクロセメント「モルクラフト」の基本的な構成はこちらの4層になっています。
施工したい部分が未塗装の木材や表面に凹凸が目立つ場合は、面を平らにするために下地にベースが必要になります。
表面が平らな場合はベースを塗る必要はありません。
床面の場合は全面に厚手のメッシュとベースを塗って硬く丈夫にする必要があります。

モルクラフトの

塗り方

合板を組み立ててテーブル天板を制作した例をご紹介します。

0.下準備をする


床や汚したくない場所をビニールシートなどで覆います。
やする作業をする際に粉が飛び散ってしまうので家具なども覆っておきます。
組み立ての際にできたビス穴の凹みをパテで埋め、パテが乾いたら、サンドペーパーでやすって表面を平らにします。



専用プライマーにはアク止めの効果はないので、べニヤ合板などの木材に施工する場合はシーラーを塗ってアク止めをしておきます。
シーラーを塗った後、2時間程度乾燥させます。
■当店おすすめ高品質なカチオン系シーラー「含浸シーラー」はこちらからご注文できます >>


1.専用プライマーを下塗りする


容器をよく振ってから専用プライマーを原液のままローラーで塗り広げます(1回塗)。
専用プライマーを塗った後の表面は砂の粒でぼそぼそザラザラになり、次の工程の「ベース」がひっつきやすい状態となります。専用プライマーを塗った後、3時間程度乾燥させます。


2.専用ベースを中塗りする


専用ベースは合成樹脂入りのセメントの粉で出来ています。非常にサラサラとした粉状です。
水の割合は「5:1.2」。ベース3kgに対して水は0.72L(1.2×3÷5=0.72)になります。

ベースを入れた容器に計量した水を入れてよく混ぜます。
攪拌棒やヘラを使って底面からしっかり混ぜ、セメントの粉が残らないようにします。


コテを使ってうすく均一に塗り広げます。
合板の継ぎ目などからのひび割れを防ぐため、つなぎ目にはメッシュテープを挟みこみます。
今回は合板の表面上の細かな木目の溝を埋める目的なので、塗る厚さの目安は1mm程度にします。
この時、メッシュテープの網目が浮き上がらないように気をつけます。


3.モルクラフト主材を中塗りする


モルクラフト主材は柔らかいペースト状。
容器の中身をよくかき混ぜて必要量を取り、塗っていきます。
最初から柔らかいペーストになっているので、非常に扱いやすいです。主材は2回塗る必要があります。

1回塗り目は薄く塗って柄を付ける目的があります。必要量目安は1屬500gを使うくらい。ひきずるようにしたり、大きく動かしたりと、コテの動かし方で色々雰囲気が変わってきます。
円を描くように柄をつけると柔らかい印象になります。



今回のテーブル天板が大きいので、不自然な感じにならないようにコテを大きく動かしてみました。
角の部分は、角を押さえるコテが便利です。1回目を塗った後、2時間以上乾燥させます。



1回塗り目で凹凸をつけすぎると2回塗り目に影響するので、凹凸が気になる場合は、1回塗り目の乾燥後にサンドペーパーやサンダーでやすっておきます。



2回塗り目は、1回塗り目で出来た凹凸を埋めるようになだらかにするのが目的。
2回塗り目も必要量は1屬500gを使うくらいの目安でうすく塗り広げます。



ここからが、マイクロセメント「モルクラフト」のメインとなる工程です。
少しだけ乾燥(10〜15分くらい)させてからきれいなコテを水平に当てます。
コテ面全体を使って表面を平らにするように撫でて磨いていくことで表面のキメが細かく詰まり、材料に含まれる雲母が角度によってキラキラと輝く美しい仕上がりになります。

表面に触れてしっとりした感触だけれど手につかないくらいがコテで磨くベストな状態です。
コテでなぞって取れたり、面にゴミが出る場合は早すぎるのでもう少し乾燥させる必要がありますが、逆に乾燥させ過ぎると磨き作業ができないので注意が必要です。
モルクラフト主材を塗った後はしっかりと乾燥させます。一晩置いて翌日に次の工程に進むことをおすすめします。


4.専用トップコートを上塗りする


専用トップコートはA剤とB剤を混ぜて使う2液型タイプ。
A剤5:B剤1の割合で使用します。ローラーで2回塗り重ねます。

A剤とB剤は混ぜ合わせてから時間が経つと固まってしまうので、都度使う分だけ混ぜ合わせます。表面の細かな穴の中まで押し込むように染み込ませて押し込むように1回目を塗ります。
水周りの場所にも使用できるのはトップでしっかり表目を覆っているからなので、塗り残しが無いよう色々な方向にローラーを動かして塗る必要があります。
乾燥している表面に塗ると白い気泡が出来る場合がありますが、その際はコテやローラーでこすると消えます。4〜5時間乾燥させます。


2回塗り目を行う前に、サンドペーパーやサンダーで全体をやすっておくと、より表面がなめらかになります。
1回塗り目と同様に色々な方向で塗っていきます。24時間後に完全に表面が固まってベタつきはおさまります。


完成した表面の拡大はこちら。
コテでつけたムラのある模様がおしゃれに仕上がりました。ひんやりとした石のような手触りです。


施工したい部分が「未塗装の木材ではない場合・表面に凹凸が目立つものではない場合」は「専用ベース」を塗る必要がありません。
専用プライマーの後、モルクラフト主材→専用トップコートで完成させることができます。


「キッチンや洗面台の天板として使える?汚れや熱変化や防水性を実験してみました


赤ワインとコーヒー
モルクラフト天板に赤ワインとコーヒーをこぼして放置。10分後に拭き取りました。
色素沈着は目視では分かりませんでした。



沸騰したステンレス鍋
モルクラフト天板に沸騰したステンレス鍋を直接置き10分間放置。
表面が溶けたり焼けたりを目視では分かりませんでした。



熱した油の入った鉄製中華鍋
モルクラフト天板に162℃に熱した油の入った鉄製中華鍋を直接置き一晩(8時間)放置。
油染みや表面が溶けたり焼けたりを目視では分かりませんでした。



耐水性のテスト
合板で作った木製の箱の内側にモルクラフトを塗り水を注ぎました。水が染み出ることはありませんでした。
モルクラフト天板に濡れたコップを置いた跡の拡大です。水は染み込まず玉のようになっています。拭き取れば元通りになりました。




塗れる素材
  • コンクリート
  • 木部
  • モルタル
  • 陶磁器タイル
  • 石膏ボード
  • レンガ
  • 天然素材で施工された乾燥した古壁
  • 古いエポキシ、ポリウレタン仕上げ


  • 専用ベースの使用について
    施工する場所や目的によって「専用ベース」の使用が変わります。以下の表を参考にしてください。
    ※ベースが必要な場合は全面に塗ります。
    目的場所ベース、メッシュの有無
    固くする必要が無い既存のテーブルや棚などベース不要
    木目の溝を消すベニヤやMDF板などのむき出しの木部ベースのみ
    ひび割れを防ぐため継ぎ目にメッシュを使い、表面を平らにする板の継ぎ目や力のかかる部分ベースと部分メッシュ
    摩擦に耐えられるように頑丈にする床面ベース+全面メッシュ+ベース


    セット内容について

    塗りたい面積に合わせて「3平米」「6平米」「12平米」をお選びください。
    「3平米セット」は、テーブル天板やキッチンカウンター天板を施工するのにおすすめです。
    ※初心者コテDIYでも施工しやすい面積は「3平米」が目安です。
    必要に応じて単品でのご注文もいただけます。

    「3平米セット」の内容はこちらになります。
    • 専用プライマー 250g
    • 専用ベース 3kg(選択制)
    • モルクラフト主材 3kg
    • 専用トップコート(2液タイプ)350ml/70ml
    • 初めてのコテDIYでも安心・モルクラフト施工ガイド
    • ※「6平米」「12平米」分は、3平米セットの2倍、4倍の個数でのお届けとなります。複数購入でお得な価格となっております。

    • 届いたらすぐ施工できる【道具付】オプション
      • 専用コテ
      • かくはん棒(サービス)
      • ビニール手袋(サービス)

    セット 内容
    道具付セット 専用プライマー + 専用ベース + モルクラフト主材 + 専用トップコート + 道具セット
    道具付セット(ベース不要) 専用プライマー + モルクラフト主材 + 専用トップコート + 道具セット
    塗材のみセット 専用プライマー + 専用ベース + モルクラフト主材 + 専用トップコート
    塗材のみセット(ベース不要) 専用プライマー + モルクラフト主材 + 専用トップコート

    【お手入れについて】
    普段は乾いた布か固く絞った布で軽く拭く程度で十分です。
    油汚れが付いた際には中性洗剤を浸した布で軽くこすり、水拭きをして最後に乾拭きをします。
    ウレタン塗膜はメンテナンス無しでも長期にわたる耐久性を有しておりますが、使用箇所や使用頻度など状況により表面の劣化(防水効果の劣化)が起こる場合がございます。その際はサンドペーパー等で古いウレタン層を除去し再塗布する事により効果がよみがえります。

    【禁止事項】
    塗装面にキズがついてしまうと白い跡になってしまいますのでスチールウールや研磨剤で磨く、ヤスリで削る、重曹や除光液等の薬品を使用する等は避けて下さい。
    また暖房機器の側、直射日光が長時間当たる場所への施工は色あせや反りの原因になりますのでご注意ください。

    ≫この商品について問い合わせる
    配送料金全国一律820円(離島・一部地域を除く)
    タカラ塗料ロゴ

    株式会社タカラ塗料

    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    06-6659-2321(平日9〜17時)

    タカラ塗料ホームページ ≫

    関連サイト

    調色屋 ≫
    ラッカースプレー館 ≫
    刷毛塗り全塗装 ≫
    How to paint ≫
    フォトデザインボード ≫